ジャパン・エストニア・ウクライナ

国際バレエコンクール2020

8.12(予選・決選)

Japan Estonia Ukraine International Ballet Competition 2020 8.12 (Qualifying/Final)

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

株式会社アトリエヨシノ様衣裳を贈呈しました


今回のコンクールでは、舞台上での授与式が行われませんでしたので、先日 受賞の皆さまにお送りしました贈呈衣裳をお知らせいたします。(敬称略)

グループA 1位 A4

笠井優迦

グループB 1位 B1

板谷すみれ

グループC・D 1位 C9

根岸祐衣

アトリエヨシノ賞 B5

山下沙羅

皆さまに それぞれお似合いの衣裳がお届けできたと思います。活用頂けましたら幸いです。今後、お寄せいただいた着用画像等はFacebookにてお知らせしてまいります。

スカラーシップ決定‼

追加の発表です。おめでとうございます‼

大変お待たせいたしました。

(敬称略)

B1 板谷 すみれ

キエフ国立バレエ団 1ヶ月研修権 授与

現在、ウクライナは入国が難しい状況ですので、約一年間の猶予期間を設けます。

また、審査員特別賞の副賞のバレエ用マスクは、現在製作中の為、お届けまでお時間が かかります。しばらくお待ちくださいませ。

ジャパン・エストニア・ウクライナ国際バレエコンクール事務局

審査結果速報

大変お待たせいたしました。

ジャパン・エストニア・ウクライナ国際バレエコンクール2020国内審査員の審査結果に加え、海外審査員のビデオ審査を集計した結果を発表いたします。参加の皆さまには、後日(現在 準備中です)メールで 審査員の先生方から頂いたコメント・アドバイスも含めた「審査結果レポート」を個別にお送りいたしますので、今しばらくお待ちください。


(敬称略)

グループA

1位 A4 笠井 優迦(副賞:アトリエ ヨシノ舞台衣装)

2位 A5 グジェレフ 瞭舞

3位 A2 三角 羽音


グループB

1位 B1 板谷 すみれ(副賞:アトリエ ヨシノ舞台衣装)

2位 B5 山下 沙羅

3位 B3 春名 美咲


グループCとD(参加者少数の為、二つのグループをまとめて集計)

1位 C9 根岸 祐衣(副賞:アトリエ ヨシノ舞台衣装)

2位 C2 岩根 日向子

3位 D2 大城 美汐


審査員特別賞

カイエ・コルプ賞

(副賞:アトリエ ヨシノ特製 バレエレッスン用オリジナルマスク)

A4 笠井 優迦


ヴィクトル・リトヴィーノフ賞

(副賞:アトリエ ヨシノ特製 バレエレッスン用オリジナルマスク)

C9 根岸 祐衣


ティーユ・ランドヴィール・トルプ賞

(副賞:アトリエ ヨシノ特製 バレエレッスン用オリジナルマスク)

C2 岩根 日向子


アンドリー・リャグシェンコ賞

(副賞:アトリエ ヨシノ特製 バレエレッスン用オリジナルマスク)

B3 春名 美咲


エレーナ・フィリピエワ賞

(副賞:アトリエ ヨシノ特製 バレエレッスン用オリジナルマスク)

A4 笠井 優迦


セルギイ・シドルスキー賞

(副賞:アトリエ ヨシノ特製 バレエレッスン用オリジナルマスク)

C2 岩根 日向子



アトリエ ヨシノ賞

A5 グジェレフ 瞭舞(副賞:アトリエ ヨシノ舞台衣装割引クーポン)

B5 山下 沙羅(副賞:アトリエ ヨシノ舞台衣装)


アーツプランニングジャパン賞

C3 奥田 理子(副賞:バレエシューズ)

C8 松浦 マリア(副賞:バレエシューズ)



今回、 このような時期の中で、エントリー期間が短期間となりましたが、三曲準備された方もいらっしゃいました。参加者の皆さまの熱いおもいがみなぎるステージに審査員の先生方も驚き、感動されたようで、より一層 全体のレベルが上がったと 喜んでいらっしゃいます。一日短時間で最大三曲 同じ舞台で踊るという機会を活かして 今後に繋げて頂きたいです。皆さまのますますのご活躍を 事務局一同、お祈りしております。

お礼

コンクールご参加の皆さま、ご来場の皆さま どうもありがとうございました‼

マスク着用、消毒、問診票の記入等お手数をおかけしましたが、皆さまのご協力のおかげで滞りなく、進行することが出来ました。今回は短時間滞在、コンパクトを目指した為、準備等、大変時間が無い中で ご不便おかけしましたが、特に問題なく、スムーズに審査が出来ましたこと、心より感謝申し上げます。

今回、ご参加いただいた皆さまより、「一日三回踊ったことが勉強になった。」「踊れることが嬉しくて、とにかく楽しかった。」「同じ舞台で何回も踊ることが出来て満足した。」「楽屋控室に案内してもらった時に階段ではスーツケースを持ってくれるなど優しく接してもらえた。」「知らない参加者同士、仲良くなれた。」など、たくさんの声をいただいています。通常では 同じ舞台で三回踊る機会は、なかなかありませんので、この経験を ぜひ 次に活かして頂きたいと思っております。

現在、審査の際に収録した画像を、海外の審査員が審査中です。審査採点結果に加えて、審査員から出場者それぞれの方に、コメント・アドバイスを頂くようお願いしていますので、そのコメントを日本語に翻訳したものを、参加者の皆さまにメールでお送りいたします。結果の発表まで、しばらくお時間を頂きますこと、ご了承願います。

審査結果は こちらでも発表いたします。発表まで今しばらくお待ち頂きますよう、お願いいたします。


ジャパン・エストニア・ウクライナ国際バレエコンクール事務 当日のタイムスケジュール

8月12日(水)

13:15 開場

13:30 予選(二曲目)審査開始(A・B・C・D)

14:45 開場

15:00 予選(一曲目)審査開始(A・B・C・D)

~予選結果発表(予選の総合点で決選進出者を選考いたします)~

16:45 開場

17:00 決選審査開始(A・B・C・D)

入場料:各審査900円

来場の際マスク着用の上、検温・問診・消毒等にご協力お願いいたします。

あと数日ですが、実力を十分発揮できますよう、どうぞ体調に気を付けて元気にお過ごしください。

皆様の当日舞台を楽しみにしております。

ジャパン・エストニア・ウクライナ国際バレエコンクール事務局


エントリー頂いている皆さま

お申込みいただき ありがとうございます。

今回、感染拡大の状況もございますので、当初の予定をさらにコンパクトにする対応を検討しております。その為、受付開始時間、審査開始時間、審査休憩のカット、終了時間等を変更して開催する予定です。

本来ならば、スケジュール等の関係書類をお手元にお届けしている頃ですが、お届けまでに もう少しお時間を頂戴いたします。大変お待たせして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

JEUIBC事務局

日本での審査員について

当コンクールの審査員は、全員海外在住の為、現在 来日が難しくなっております。今年の開催に限り、海外よりビデオ審査をおこないます。

加えて 日本側の審査員として、イルギス・ガリムーリン氏、田北 志のぶさんのおふたりを特別審査員としてお迎えして、日本と海外 両方より審査をおこないます。

プロフィール

ガリムーリン・イルギス

(GALIMULLIN・ILGIZ)

牧阿佐美バレエ団、新国立劇場、研修所の教師 洗足大学の教師

1983年 ボリショイバレエ学校卒業

1883年 バレエ学校を卒業後国立モスクワ・クラシカル・バレエ団入団

1986年 バルナ国際コンクール第1位金賞を受賞

1986年 同バレエ団プリンシパルダンサーになる

1992年 ロシア共和国功労芸術家称号を受ける

2009年 ロシア国立舞踊大学院バレエマスターおよび教師科を卒業。

田北 志のぶ

(Shinobu Takita)

元 シェフチェンコ記念 ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場(キエフ・バレエ団)リーディング・ソリスト

ウクライナ功労芸術家

サカモト・ミュージック・スクールにて本田世津子に師事。東京のロシア・バレエ・インスティテュート在学中だった16歳の時、教師として来日したアラ・ラーゴダ氏の目に留まり、1ヶ月半の研修を得てキエフにて『ジゼル』全幕デビュー。パートナーは元キエフ・バレエ団芸術監督のビクトル・ヤレーメンコ、ペザントのパ・ド・ドゥには元ボリショイ劇場芸術監督アレクセイ・ラトマンスキーが出演していた。その後モスクワ国立バレエ学校(ボリショイ・バレエ学校)に留学。同校卒業後、

1993年 ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場(キエフ・バレエ団)に入団、ソリストに抜擢される

2008年 ロシア国立舞踊大学院バレエ・マスター及び教師科卒業。20年以上にわたりキエフ・バレエ団のリーディング・ソリストとして『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『ジゼル』をはじめ、数々の主要作品に主演。

2016年 同バレエ団を退団、活動の拠点を日本に移し、後進の指導にも力を注いでいる

2017年4月より東京バレエ団および東京バレエ学校教師

2017年8月、北京国際バレエ&振付コンクールの審査員を務める。

コンクールでの受賞歴の他、2006年にはウクライナ政府よりウクライナ功労芸術家、2008年には文化功労章を授与。

日程変更前の2020リーフレットはこちらからダウンロードできます。

Please click on the link above to download the leaflets.

ただ今 エントリー受付中です。

まだ間に合います。皆さまのご参加 お待ちしております。

エントリー締切日 7月28日(火)

受付期間が大変短くなっております。お申込みはお早めにお願いいたします。お申し込みはこちらから。https://www.jeibc.org/application

開催概要

大変お待たせいたしました。本年の開催につきましては以下の内容に変更しておこないます。ご不明点はお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

https://www.jeibc.org/contact

大きな変更点

コンパクトな開催を目指し、通常二日間の日程を8月12日のみの一日開催とします。

今回はガラコンサート、ワークショップとプレコンクール部門とパ・ド・ドゥは取り止め、グループA~Dのみの審査をおこないます。

従来よりも参加しやすい内容となっておりますので、お気軽に皆さまのご参加お待ちしております。

お申し込みはこちらから

https://www.jeibc.org/application

予定スケジュール

(今後の状況によりましては変更になる場合がございます。その場合は随時ホームページ等でお知らせいたします)

8月12日水曜日

9:30 参加者受付開始(各自受付開始時間は異なり、エントリー後にお送りする参加証にてお知らせします)

11:10 場当たり開始(具体的な時間は当日掲示します)

12:00 予選二曲目審査開始(途中約20分の審査休憩を予定)

14:10 場当たり開始(予選一曲エントリーの方は、こちらより参加となります)

15:00 予選一曲目審査開始(途中約20分の審査休憩を予定)

審査終了後 決選進出者の発表と決選エントリー手続き

17:10 場当たり開始

18:00 決選審査開始(途中約20分の審査休憩を予定)

終了後CD等返却

入場料

今回のみ 入場料等を変更いたします。

各審査ともに900円(エントリー本人と指導者パスをお持ちの方に限り入口でパス提示により無料)

審査員

審査員は全員海外在住の為、来日が難しい状況となっておりますので、海外在住審査員はビデオ審査とします。そのため、結果は後日ホームページ等に発表し、エントリー者へは個別に結果と、審査員によるコメント、アドバイス(事務局任意の審査員3名分を予定。審査員は選べません)をメールにてお送りします。

加えて、今回のみ 日本を拠点として活躍中の海外バレエ団出身の外国籍の指導者の方(現在、日程等 調整中ですので 発表までしばらくお待ちください)を 特別審査員としてお招きして日本と海外、両方より審査します。。

審査対象

参加者は基本的にクラシックとフリーダンスの二曲エントリーが望ましいですが、今回に限り、クラシック曲二曲(その場合、決選で踊る予定曲を一曲目とする)でも可とします。また、準備が間に合わない方の為に、今回のみ、クラシック1曲のみエントリー(その場合、予選で踊るのは一曲目一回のみ)も可とします。

よってエントリーの曲数は、

  • パターン1:3曲(クラシック2+フリーダンス1)

  • パターン2:2曲(クラシック1+フリーダンス1)

  • パターン3:2曲(クラシック2)

  • パターン4:1曲(クラシック1)

となります。

出場者が上の4つのパターンから自由に選ぶことが出来ます。

上記内容をさらに説明しますと例年通りのご参加は以下2つですが、

パターン1:予選一曲目クラシック+予選二曲目フリーダンス(コンテ曲)+決選クラシック(予選一曲目とは「違う」曲)

パターン2:予選一曲目クラシック+予選二曲目フリーダンス(コンテ曲)+決選クラシック(予選一曲目と「同じ」曲)

加えて今回は特別に下記も可能となります。

パターン3:予選一曲目クラシック+予選二曲目クラシック(予選一曲目と「違う」曲)+決選クラシック(予選一曲目と「同じ」曲)

パターン4:予選一曲目クラシック+予選二曲目「出場なし」+決選クラシック(予選一曲目と「同じ」曲)

感染対策について

基本的に参加者の皆さまに各自体調管理等はお願いいたしますが、開催日5日前より検温・体調チェックをして頂き、当日エントリー受付時にコンクール専属看護師に提出して頂きますので、ご協力をお願いいたします。

劇場の対策指示に従い、楽屋・客席等の使用、消毒等をおこないます。ご不便、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


Outline

Sorry to keep you waiting. This year's event will be changed as follows. Please contact us if you have any questions.

Contact us from here

https://www.jeibc.org/contact

Major changes

Aiming for a compact event, the usual two-day schedule will be held only on August 12th.

This time, Gala Concert, Workshop and Pre-Contest Division and Pas de Do are discontinued and only Group A~D will be judged.

We are looking forward to your participation, as the contents are easier to participate in than before.

Sign up here

https://www.jeibc.org/application

Schedule

(It may change depending on the future situation. In that case, we will inform you on the website etc.)

Wednesday, August 12

9:30 Start accepting participants (The start time for each participant is different and will be announced on the participation certificate sent after entry)

11:10 Start of event (Specific time will be posted on the day)

12:00 Examination of the second qualifying track begins (planned for a 20-minute examination break)

14:10 Start per spot (For those who entered the preliminary song, click here)

15:00 Examination of the first qualifying song started (scheduled for a 20-minute examination break)

After the examination, announcement of finalists and final entry procedure

17:10 Start of play

18:00 Final screening start (approx. 20 minutes screening break scheduled)

After completion, return CD etc.

Admission fee

Only this time, the admission fee will be changed.

900 yen for each examination (free only for those who have an entry pass and a leader pass by presenting the pass at the entrance)

Judge

Since all the judges are living overseas, it is difficult to come to Japan, so the overseas judges will be video judge. Therefore, the results will be announced at a later date on the homepage, etc., and the results will be individually notified to the entrants, as well as comments and advice from the judges (planned for 3 judges who are selected by the secretariat. Judges cannot be selected) by email. I will send it.

In addition, we invited a foreign national leader from the overseas ballet company who is active in Japan only this time (please wait for a while until the announcement because the schedule etc. are currently being adjusted) as a special judge to join Japan. We will judge from both overseas. ..

Works to be judged

Participants are basically required to enter two songs, classical and free dance, but this time only two classical songs (in that case, the first song to be danced in the final round) will be accepted. In addition, for those who are not ready in time, only one classical song can be entered this time (in that case, only the first song will be danced in qualifying).

Infection control

Basically, we ask all participants to manage their own condition, but we will have you take a thermometer and physical condition check 5 days before the date of the event, and submit it to the nurse dedicated to the contest at the time of entry reception on the day, so please cooperate Please.

We will use and disinfect the dressing room, seats, etc. according to the instructions of the theater. We apologize for the inconvenience, and thank you for your understanding.

会場・交通 Venue/Transportation

川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)

(会場の公式ページを見る)

Kawasaki Society General Welfare Center(Epoch Nakahar)

〒211-0053 川崎市中原区上小田中6-22-5 電話:044-722-0185(代表) FAX:044-722-5985

電車 by Train

主要駅からのJR南武線による所要時間 amount of time required

  • 川崎駅から16分 16min. from Kawasaki Sta.

  • 武蔵小杉駅から3分 3min. from Musashi-Kosugi Sta.

  • 武蔵溝ノ口駅から5分 5min. from Musashi-Mizonoguchi Sta.

  • 登戸駅から13分 13min. from Noborito Sta.