ご挨拶 Greeting

親愛なるバレエを愛する皆さま

私はジャパン・エストニア国際バレエコンクールに参加できることをたいへん誇りに思っております。この素晴らしいコンクールの開催にご尽力くださったすべての関係者の皆様に感謝申し上げます。まことに光栄なことに審査員を務めることとなり、私自身もとても楽しみにも思っております。
私は、当コンクールが美しく素晴らしい舞台になることと確信しております。バレエを愛するすべての皆様にご満足いただけることと思います。もちろん観客の皆さまだけでなく審査員たちも同じ気持ちです。このコンクールでは、若く才能あふれる若いダンサーたちに夢を追いかけることをお手伝いすることで、将来のキャリアへの基礎としていただきたいと思っております。またエストニアと日本の皆さまとのきづなもより強いものとなっていくことを願っております。
参加者のみなさん、あなた方の舞台が上手くいきますように心から願っています、観客の皆さまもぜひお楽しみください。
カイエ・コルプ
タリンバレエ学校校長